看護師の転職〜夜勤専従看護師

夜勤専従という看護師の仕事もあります。これは文字通り夜勤専門の看護師の仕事です。
夜勤のみとは、肉体的にきつすぎるのでは?と思いますが、実際には小さな子どもを育てながら夜勤のみを続けるという人もいます。

 

夜勤専従の魅力はなんと言っても収入の高さです。年収も600万円以上という人もいますので、平均的な年収と比べてもかなり高いことがわかりますね。

 

ただし、収入ばかりを期待して夜勤専従に転職しても、人間関係に大きく左右されるために続かないという人がたくさんいます。また、高いというのはそれだけ厳しい仕事ということ。

 

中には休憩も仮眠も取れないようなハードワークの現場もあると言いますから、こればかりは環境しだいということになるのです。

 

夜勤専従の職場で絶対的に避けたほうが良い現場は、離職率の高い職場だと言われています。
人間関係が悪化しているか、非常に厳しい現場という可能性が高いわけですね。

 

夜勤専従ほどハローワークの求人内容が当てにならないものはないと誰もが言っていますから、選ぶ時にはかなり気をつける必要があります。反対に、とても落ち着いた職場なら、院内保育園に子どもを預けて育児と仕事を理想的に両立している人もたくさんいます。

 

また、ヘタに夜勤と日勤が不規則に混ざるよりも、夜勤だけと決まっているほうが身体のリズムも生活のリズムも整いやすいというメリットもあります。

 

有意義に働ける環境を見つけられるかどうかは、自分次第ですね。