看護師の転職での注意点

看護師はどこも引っ張りダコだからすぐに転職出来るだろう、などと思っていると、何度も転職を失敗して、何度も転職を繰り返すことになりかねません。

 

そんな人生はイヤですよね。
納得の行く職場で納得の行く仕事をしてこそ、生きている実感があるはずです。

 

看護師の転職がとても多いのは、人間に深く触れて過酷な仕事をこなさなければいけないというハードな環境にも原因はあります。でも引き受けた仕事を辞めて、新しく仕事を求めるという行為は、そんなに何度も行うべきものではありません。

 

第一、看護師はスムーズに退職するだけでも苦労する職業なのですから、転職する際には必ず長く続けられる納得の職場を求める必要があるのです。

 

また、看護師には技術的なスキルや深い知識や経験があっても、それをきちんと説明出来ない人が多いと言われています。転職に関しても、転職して何をしたいかをちゃんと相手に伝えられないと希望する職場から内定をもらえないということにもなるでしょう。

 

看護師という職業上、技術だけではなく患者と接するコミュニケーション力も求められるわけですから、人としての在り方も自分でちゃんと見直したいですね。

 

医療現場で求めているのは、現場での経験が3年から5年くらいの看護師だと言われています。
即戦力ですから、当然ですね。

 

現場は本当に人手が足りませんから、一から教えている時間的な余裕がないのです。
入ったその日に現場ですぐに働ける人というのが求人側の理想でしょう。