看護師の仕事と家庭の両立

看護師の資格を持っていれば、家庭を持っても仕事を続けることが可能ですね。

 

一般企業では、寿退社が慣例になっているような職場もあれば、子育てを終えた後、復職できないようなケースもあります。看護師は、高齢化等もあり、売り手市場なので常にニーズがあります。

 

看護師の資格を持っていれば、全国どこでも仕事があります。

 

病院は、コンビニより沢山の数ありますから、働くフィールドは常に用意されていると言っても過言ではありません。もし、家庭を持って一時期仕事を辞めたとしても、また、いつでも復職できるという安心感があります。

 

もちろん、ブランクが大きいと不安に思う方も多いでしょう。
その場合は、ブランクを考慮してくれるような職場を探せば見つかるはずです。

 

看護師の場合、単に若さだけではなく、看護師としての経験や子育ての経験が活きる職場も多いです。独身の頃は、夜勤もやってバリバリ働いていた方も、お子さんがいれば、日勤だけの仕事にシフトすることも可能です。

 

フルタイムで働くこともできますし、パートタイムで働くことも可能です。

 

託児所や保育園がついているような病院に勤務すれば、
待機児童問題で頭を悩ますこともありません。

 

一般企業では、乳幼児を育てながら仕事をすることに理解のない職場が多いです。子供が熱を出して欠勤したり相対すると白い目で見られたり、仕事を振ってもらえなくなったりすることもあるのです。

 

しかし、病院なら、子供がどれだけ風邪を引いたり、熱を出しやすいか理解してくれるので働きやすいです。保育園併設の病院なら、勤務中に子供が熱を出しても、自分で小児科に連れて行けるような職場もあります。

 

また、ご主人が転勤族の場合も、看護師なら、どこへ転勤しても仕事はあります。
その時の、状況や自分の体力などを考慮した、様々な働き方が選択できるのが看護師の強みです。