看護師の転職〜パート看護師

看護師としての働き方に、パートというものがあります。

 

文字通りパートですから、シフトを組んで決まった時間内を勤務し、土日が休みだったり残業がなかったりする希望の条件が通れば、子どもを育てながらでも理想的な働き方も可能です。

 

でも実際の現場がその通りに行くかというとこれがなかなか難しく、残業ばかりで休みも取れないといった失敗も多い転職でもあります。自分の都合通りに行かないと、結局育児と両立出来なくなりますから、また転職せざるを得なくなってしまいますね。

 

それだけは避けたいことです。

 

また、パートは給料が安く昇給もないのが普通ですから、通常の勤務と同じように何年も働くとなるとかなり損になります。

 

言い方は悪いですが、激安の正社員のようになってしまっても困りますね。

 

比較的思い通りの働き方が出来るのは規模の大きすぎないクリニックなどが多いですが、そうした求人はほとんどが非公開になっています。(※看護師転職サイトを利用しましょう)

 

パートを選ぶ人は、出産などでブランクの空いた看護師が多いようですね。

 

医療現場は確かにとても早いサイクルで情報や技術が変化しますから、1年でも怪しいですし、3年も空いてしまったら浦島太郎状態でしょう。いずれはもっと大きな病院の現場へ復帰しようと思っている人でも、まずは小規模なクリニックで勘を取り戻そうという人もいます。

 

いきなりハードな現場で現役の看護師と同レベルの仕事を求められてもついていけないでしょう。

 

実際の現場は入ってみないとわからない、では困ります。情報社会なのですから、選ぶ段階で正しい情報を数多く持って来てくれる専門家にいて欲しいですね。