看護師の転職は難しい?

看護師ほど日本全国、いえ全世界でも求人の多い職業はないと思います。

 

非常に需要が高くてどこも人手不足にも関わらず、看護師の職を求めて転々としている人は少なくありません。それは一体なぜなんでしょうか。

 

看護師の職場での悩みはいろいろありますが、実際に働いている人たちの具体的な悩みと言うと、人間関係が一番多いようです。これはどこの職場でも同じなのかもしれません。

 

しかも無視をしたり嫌がらせをしたりと、なんだか随分陰湿な話も多いようですね。
仕事内容が厳しくストレスの溜まる職場だからこその問題もあるのかもしれません。

 

または、仕事の厳しさに比較して給料が見合わないというのも大きな理由になるようです。
ぜんぜんステップアップしないということを理由に違う職場を探す人も多いようです。

 

看護師は女性が多いということもあり、結婚や出産などで仕事と両立しにくくなるタイミングがどうしても出てくるということもあります。子どもが巣立った後にブランクを抱えて現場へ戻ると、思った以上に変化していてなかなかついていけないという悩みも多いようです。

 

看護師というのは難しい仕事だということですね。

 

最近特にインターネットなどを介した看護師の転職が盛んになっていますが、これは従来のナースバンクやハローワークといった仕組みの中では望む条件の職場が見つからなくなったということも大きく影響しています。

 

ナースバンクやハローワークは公開求人しか掲示しないために非公開の求人を逃しやすく、自分の条件に合った求人を広く見つけることが出来ません。それがいままで看護師の望む転職活動を難しくしていたわけです。