40代、50代の看護師の転職は?

看護師の転職は、人材不足で売り手市場です。
しかし、求人内容を見ると、仕事がハードな職場か給与の低めの職場が多いようです。

 

確かに20代、30代の看護師の場合、求人数も多いのです。
その中で、40代、50代の看護師が転職することは可能でしょうか。

 

転職に有利なのは、病棟勤務のキャリアがある場合です。
夜勤も含めたシフトや夜勤専門の看護師は、人材が足りていません。

 

20代や30代の子育て世代の看護師は夜勤に入らないからです。

 

また、看護師の資格を持っているのに看護師として働いていない方の人数は、およそ55万人もいると言われています。慢性的な看護師不足もあり、「再就職支援制度」や「復職支援制度」を設けて、年齢が高めの看護師も積極採用している職場もあります。

 

状況としては不利かもしれませんが、看護師の転職サイトを利用するという選択肢があります。

 

看護師の転職サイトには、沢山の求人情報があり、案外、
あっさりと希望の職場に就職が決まるケースも多いです。

 

最初からあきらめずに、まずは看護師の転職サイトに登録して、
求人数や求人内容などを確認してみるのも良いでしょう。

 

選択肢が多い分、40代、50代の転職も有利に進めることができます。